2011年05月09日

おっしゃるとおりで・・・。

こんにちは、谷です。

めっきり春らしくなりましたが、皆様お元気ですか?

私の個人サロンの近くにお寺があります。

お寺の入り口には、いつも「格言」らしきものが書かれて張り出されています。

多分、ご住職がマンスリーで更新していらっしゃる「お言葉」なのでしょう。
で、今回張り出されていたのは、こちら↓


110508_181024.jpg

・・・・。

あまりの「直球」に、見間違いかと引き返して見つめたほどです(笑)


こんなにもダイレクトに書かれると、
「そうか、、、こんな言葉が書かれて張り出されるほどに人々は思い通りにならない人生に
もがき苦しんでいるのか」と、あらためて思い知った次第です。


ワタシだけじゃない!! アナタだけじゃない!! みんなだった!!!


私の人生は「想定外」のオンパレードで、「想定内」って何かあったっけ???
というほど、過酷なレベルで先が読めない人生なのですが・・・、
それがイコール「思い通りにならない」というわけではなく、
結構思い通りになっているよーな気もするのですが、
アップダウンの激しい「道のり」という意味では結構上位クラスに配属されているようです(わはは)

最近周りの人に今後のことを話すとき「このまま何事もなくいけば」とか
「特に何も起きなければ」という枕詞が必要になってきました。

そして、私の人生にも「思い通りにならないこと」は、
どうしようもないくらいドデカイのが2つあります。


そんなもんだ。 

思い通りにならないことを思い、なんとかそうならないかと四苦八苦し、
そうなっている人を見ては「アノ人、いいなぁ」と俗っぽく思い、
そうなっていない自分を涙で洗い流して、寝る。


そしてまた朝が来て「そうならないかな〜」とスキップしながら
人生の続きに出かけていく私です。

posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

あちこちチャリティ

こんにちは、谷です。

昨晩は南青山のコシノジュンコブティックで行われた
「コシノジュンコ チャリティーフォトオークション」パーティーに友人と行ってきました。

写真をお撮りになったのはジュンコ先生のご主人であり、
会社の経営も担っていらっしゃる鈴木弘之氏

鈴木さんは建設や工事現場をベースに写真を撮っていらっしゃるという
なかなか稀有な着眼点の写真家。

鈴木さんがこれまでにお撮りになった写真をオークション形式で販売し、
それを寄付なさるという企画でした。

モノトーンの写真に切り取られた工事現場は、対象物が工事現場だということが
わからなくなるほど、いろいろな「顔」をしていて素敵でした。

奇をてらうことなくあるがままの姿だけど、なんだか、寂しそうだったり、美しかったり、
凛としていたり、切なそうだったり。

写真に切り取ると、ハッとする「顔」がありますね。

何番目の写真だったかな?
偶然にもこの写真は、私の見知った人2人での競り合い(?)になって、うち一人が落札。

実は私も、その写真「いいな〜」と思ったので、
その写真に私の知り合い2人も興味を持ったというのが偶然で面白かった。

今、いろいろなところでボランティアやチャリティやら。
みんな、どこかで何かしら行動しているのですね。

「自分の『持ち場』で、自分の『出来ること』で役に立つこと」
っていうスタンスがとても大切なような気がします。


私も、4月29日(金)は、「Tie for change」でお手伝いしてきます。


震災以降、日本の景気低迷、経済活動の停滞が問題になっています。

「日本の経済を作るビジネスマンに、まずは元気になって欲しい!!」というのが、
私がこの活動をお手伝いしようと思ったキッカケです。

「自分にはどんなネクタイが似合うんだろう?」
「他の人が自分に合うと思うネクタイってどんなのだろう?」
「どんなネクタイを自分に選んでくれるんだろう?」

そんな好奇心のある男性にピッタリの企画です。

男性お一人でも、あるいは奥様、彼女がパートナーをお連れになって、
是非いらしてください。

女性の「目」で、シビアにリアルに、素敵なネクタイを選ばせていただきます!
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

地震後に気づく「自分」のアーユルヴェーダ

こんにちは、谷(みっちー)です。

先週から続いていた余震、東京は少しおさまってきましたが、
宮城、福島、茨城はまだまだ大変な状況中で日々を過ごしていらっしゃるのですね。。

さて、今日は私が地震後気付いたことを書きます。
それはやっぱり人間の心の動き。

地震後、こんな ↓ 傾向ありませんか?

まず「ナーバス系」

自分自身は冷静なつもりでも、周の人にバタバタした感じを与えているようだ。
それは話し方、目の動き、メールの句読点の多さなどにも表れてきます。
揺れが来たときに、とにかく「動いて」しまう人はこの傾向があるかもしれません。

(アーユルヴェーダで言うと「ヴァータ体質」の方がなりやすい)

次に「イライラ系」

なんだかいつもより人の話や小さなことが癪に障る。つい口調がキツくなっている。
自分が批判的になっている気がする。

(アーユルヴェーダでいうと「ピッタ体質」の方がなりやすい)

この前、私の個人のサロンの方にいらしたお客様がおっしゃっていたのですが、

ご主人から 「もうすぐ生理じゃないの?」 と言われたそうです。
そんなことを言われたのは初めてだったので、

「え?なんで?」と聞くと

「いつもなら見逃してくれるようなことにもつっかかってくるし、イライラしてない?」と。

だけどトリートメントにいらした時には、彼女からイライラした感じは受けなかったので

「特にそんな感じしませんけど?」と言うと、

「あら、それはここに来ると気持ちが落ち着くし、トリートメントしてもらうと安定しますから」
な〜んて言ってくださって嬉しいわ。


そして「ブルー系」

なんだか異常に無気力。必要以上にブルーになってしまう。心が晴れない。
余震が来ると、「あぁ、もう日本は一体どうなってしまうのだろう」と悲観的になる。

(アーユルヴェーダでいうと「カパ体質」の方がなりやすい)

そして複合タイプ。「ナーバス&イライラ」や「ナーバス&ブルー」などもありましたね〜。


個人的には他にも驚きはありました。

いつもは仲の良かったあるグループは、花見をするかしないかで意見の対立。

決行派は

「がんばれ東北!」

と銘打って東北のお酒や東北の食べ物を持ち寄って東北を応援する花見にしよう!としたところ、
今度はその名称にクレーム・・・。

「がんばれ!」はよそうよ、とか。

直接被災はしていないけど、余震やら原発やらでなかなか地震前のような普通の安心を
得られないままに東京の人々は、それでも普通に日常生活を送っています。

それは多分、本当は心からの安心ではないのに「大丈夫。大丈夫」とか「なんとなかる」と
自分の不安に蓋をして黙々と日常をこなしているから、どこかでその不安のひずみが
いつもとは違う「自分」となってチョコチョコっと出ちゃうのではないかと思います。

そしてこのような事態を迎えて初めて知る個々人の価値観や考え方の違い。
あるいは自分自身の未知の部分。

そりゃもう当然大なり小なり戸惑いがありますよね。

私自身も今回は「ガツン」と来ることいっぱいありました。

私もなんだか癪に障ることも多くて、
この仕事してるのに「こんな私でいいのか!!」と未熟さを嘆いたり、
私って行動力無いんだわと情けなく思ったり、
あるいは常に冷静であった自分を嬉しく思ったり。

(これ、もうめちゃくちゃピッタ)

そんな中、本当に嬉しかったのは私の周りにいてくれた友人たち、
そして常連のお客様が、実にドーンと落ち着いた人たちであったことです。

まだ「自粛、自粛」のオンパレードだった頃、早速トリートメントを受けに来た常連のお客様は

「まぁ、こんな時に優雅にトリートメントを受けるってどうかと思っていましたけど、
 やっぱりねこんなに動揺している時だからこそ意識して普通に生活しなきゃいけない。
 こんな時だからこそ体のケアだってしたいですしね。」

とおっしゃました。

先週木曜日の最大余震の時、揺れがおさまると早速恋愛話に戻る女友達。

一瞬舞い上がりそうな雰囲気も、そういう人がいると
「あーそんなもんか」と無駄に慌てることを止めてくれる。

こんな時、どういう人がその場にいるかで、かなりその場の雰囲気は違うと思います。

ある女友達は

「私はね、どこかへ行って体を動かしてお手伝いすることは仕事の立場からも、
 向き不向きからいっても出来ないからお金を使うわ。
 地震以降、毎晩外食よ。お金使うことが私の支援だからだ」

とバッサリ言い放ち、せっせと外食して有言実行です。

ここまで言いきられると、それはそれでスッキリしてて気持ちいい。

いずれにしてもこういう風に、芯にブレのない、そして安定した人達が
周りに多かったことが、私はとても嬉しかったです。

posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

古の智慧で「こころ」を

先週から、また余震が頻発していますね。

被災地の方々が、苦しみや悲しみを背負ったまま今なお激しい揺れの中で
恐怖と闘っていらっしゃることを思うと、胸から涙が出そうです。

こんなこと、わずか1ヶ月前の私は、全く知りませんでした。

よくドラマなどで 「この時彼女は、このあと起きることを知る由もなかった」
なんていうナレーションがありますが、まさにそのとおり。

1ヶ月前、私は「普通」でした。
今まであった日常が、ただ続いていて、それは「これからもずっと続くのだ」
なんて考えることもないほど、ただの日常で。

1ヶ月前、被災地の方々には家があった。 家族が揃っていた。
仕事場でみんなと一緒に働いていた。 電気も水もたっぷりあった。

1ヵ月後の今、被災地も東京も、そして日本全体が大きく変わりました。

1ヶ月前の私は何も知らなかった。

自然が起こすことは誰にも止められません。

「起きること」「起きたこと」に対して私が出来るのは、私自身の「うちがわ」を
導くことだけです。

古から人々によって脈々と受け継がれてきた「智慧」には、長きに渡って続いて
きただけの本物の「力」があります。

4月20日(水) 13:00−16:00
<西川眞知子の「聖典」を生活に活かす>
という1day講座あります。

こんな時だから、真剣に人間が紡いできた「智慧」を学び、自分の「こころ」を
導くすべを学んでみてはいかがでしょう。

今日もまた原発では明るくはないニュースが大々的に報道されていますが、
ひとつひとつのことに一喜一憂し、振り回され、疲弊していくのではなく
自分自身で「こころ」が行くべき方向へ行くことが出来るようにしたいと思います。

行くべき方向に定まり、強さと温かさを持ったその「こころ」は、
自分だけでなく沈む周りの人々まで、守り、温めることが出来ると思います。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

心も体も安定させる「足裏リーディング」マッサージ法

昨晩は、3月11日の地震後最大の余震が来ましたね。
余震もかなり減ってきて、少しだけ慣れてきたつもりでいたのですが
やはりあの長めの揺れは本震のときの恐怖を思い出し、
ちょっと怖かったです。。。

東北の被災地の皆さんは昨日の余震はどれほど怖かったかと思います。

今、避難生活を送っていらっしゃる方々は生活上の動きが少ないことから
エコノミー症候群が起きたり、寒さが厳しいことから低体温症になったり、
慣れない避難場所や余震の不安からストレスを抱えていらっしゃる方が
ともて多いそうです。

こんな時に手軽に出来るケアがセルフマッサージです。
アーユルヴェーダでは特に頭、耳、足の3箇所のマッサージの重要性を
説いていますが、どこででも一番簡単に出来るのは足のマッサージでしょう。

自分の足を自分の手で感じながら優しく、柔らかく、そして穏やかにマッサージすれば、
「心」が落ち着いてくるのはもちろんのこと、エコノミー症候群やストレス緩和の役に立ちます。
このような簡単な知識でも持っていれば、周りの人たちに施してあげることも出来ます。

自分の「心」が落ち着くように、施す人の「心」にも落ち着きをもたらすことでしょう。
こんなとき人が一番求めるのは「触れ合い」なのかもしれません。

ナチュラルヒーリングセンターでは、少しでもお役に立つ情報をご提供することが
今最大の「私たちに出来ること」だと思っておりますので、
来月<アーユルヴェーダの「足裏リーディング」マッサージ法>の1dayセミナーを
開催いたします!!

http://www.jnhc.co.jp/school/oneday.html

足裏マッサージやリフレクソロジーというと台湾式や英国式が有名ですが
このセミナーではアーユルヴェーダのボディリフレクソロジーによる足裏の
マッサージ法をお教えします。

ヴァータ・ピッタ・カパのラインとゾーン、そしてそれぞれの内臓への反射など
足裏の状態を「読む」ことから自分の全身の状態を知ることができます。
これを「足裏リーディング」と言います。

このセミナーでは足裏に表れている状態の「読み方」をお教えし、
それぞれのラインやゾーンに適したマッサージ法を実践しながらお教えします。

お時間がございましたら是非ご参加ください。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

今、私たちは落ち着くこと

お久しぶりです。みっちーです。

皆さん、いかがお過ごしですか?

地震から半月、もう4月になったのですね。

3月の後半は震災のことで始めての経験ばかり。
今までの生活にはなかった事象が次から次へと起きて、
自分自身を見失いそうになることを多かったのではないでしょうか。

東京では地震直後からの余震も随分おさまりましたが、最初の頃は周りの物やお部屋が
カタタタタタタタ・・・・と小刻みに震え始めるたびに心臓がキュっとしていました。

東京はもともと、世界でもトップレベルの「ヴァータが増えやすい場所」なのですが
今回の地震で、みんな一気にヴァータが増えたような気がします。

地震の揺れ = 動き
余震     = 不規則
震災の映像 = 衝撃と悲しみの感情
品薄のスーパー = 焦り
計画停電 = 暗闇

これでは、ヴァータが増えるのは当たり前です。

次から次へと報道される情報の何が正しいのかわからないままに振り回されて、
右へ左へと右往左往。
必要のないものまで買ってしまう。

夜は眠れない。いつも不安が心を離れない。
何かしなければ!と思いながらも、どこか疲弊していて動けない。

こんな時こそ、私たちは「地」に「足」を着けなければならないのです。

一番簡単なのは、自分で自分を整える「呼吸法」です。

来週月曜日 4月4日は、地震後初めてセミナーを開催します。
偶然にも「呼吸法」です・・・。

http://www.jnhc.co.jp/school/oneday.html

よろしければ是非ご参加ください。当日でも構いません。

今回のことで心身は想像以上にダメージを受けていきます。
こういうときこそ「呼吸法」で自己を整え、そして自分の中から安定を
生み出していただきたいと思います。

その「落ち着き」と「安定」は、周りの人にも伝播し、みんなの落ち着きに
繋がっていくでしょう。


posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

「続ければ必ず行ける」深い・・・

こんにちは。みっちです。

今日は朝からなかなか勢いのある雨で・・・。久しぶりに長靴を履いて出勤しました。

先週はいつもよりさらに、おひとりおひとりの方とよーくお話した週でした。

みんな、それぞれにそれぞれの人生を歩いているんですね。
わかっているけど、こうしてお話する機会が重なると「あーそうなんだなぁ」
と実感するものです。


背負ってる荷物の形も、色も、重さも、みんな違いますもんね。。。
誰一人、私と同じ荷物を持って歩いてる人いませんから。

だから、みーんなお話してくれることが違うんですよね。


さて、昨日の日曜日サロンのお客様を終えた後、自宅でテレビをつけたら
(私は、テレビっ子)
「行列のできる法律相談所」(だっけ?)がやってました。


この番組、殆ど見ることないのですが、たまたまつけていたら
70歳の振付師(ご本人も現役のダンサー)である名倉さんという方が
出ていらっしゃいました。


すっごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!

彼女の体と、踊りのあまりの素晴らしさに、見るはずのなかった画面に食いつきました。

いやー、人間の体って凄い!

70歳って、生き様によってはこんなにも若々しく、美しい動きをすることが出来るんだ!!
と感動しました。


ググったら見つかったのでご参考までに。名倉ジャズスタジオ<

彼女が最後に言った言葉が素晴らしかった。


「続ければ、必ず行ける」

・・・・。
私の道のりも長いな・・・。

人間の体なんて扉を開けてしまったもんだから、そのあまりの深遠さに
「この宇宙(私にとって人体はいろんな意味で宇宙並み)は、私には無理かも・・・」と
開けたドアを閉じたくなることもありますが、


今でも何度も何度も解剖生理学やら免疫系やら神経系やらの本を読み返し・・・
アーユルヴェーダの本はもちろんのこと、経絡やら関連書籍も盛りだくさんなもので・・・。


あぁぁぁぁ、いつまでもいつまでたっても知らないことが山盛りだ・・・と
途方にくれながらも、1ページ1ページ・・・。


(人さまの体に触れるこのお仕事に「学び終わりました」なんて無いんです。
ずーっと学ぶことがあるんです。どんなことをそうかもしれませんが)


想定外です。
私は勉強が嫌いだったのに。
なのに、こんな歳になってまで、学生の時以上に勉強してるなんて・・・。


おかしい。 けど、実はメチャクチャ楽しい!!

「続ければ、必ず行ける」実現してきた人が言った言葉だから
なお私の心に響いて、あまりの嬉しさにまたすぐに勉強したくなる(笑)


私の好きな西本智実さんもインタビューで言ってます。
「やれる人がやる」世界だったので」と。
だから、心が折れても折れてもやり続けて、今の彼女があるわけですよ。

5月のコンサートで西本さんとお会いできるのがとても楽しみだ。


私も「今日」を頑張って、頑張り続けて、行けるところに行かなきゃ。
いや、行きたい!
いや、行くぞ!


千里の道も一歩から。
三歩進んで二歩下がる(1歩前進)

posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

「袖触れ合う」縁でも!!

こんにちは。 毎度みっちーです。

「歩く」ことが一番の健康法だと思っている私は先日も
恵比寿から広尾を通って外苑前まで歩いていました。
ブーランジェリー・ブルディガラ広尾店で買った超おいしそうなブールを手に、
耳には「オペラ座の怪人」を、ジャーん♪ジャジャジャジャジャーン♪と
轟かせながら夜道をひたすら歩いていました。
そしたら、道で外国人の方から
「すみません、この辺詳しいですか?」とご質問いただきましたので
「うーん、詳しいかというと詳しくもないけど、知らないかというと知ってるところもある」
的な回答をしたところ
「ランボルギーニのショップ知ってますか?」
ランボルギーニ・・・。そーいや昔、弟のミニカーの中にあったなぁ。
パン好きの私は小道のパン屋なら知ってるけど、車にトコトン興味の無い私は
ランボルギーニだろうと、カウンタックだろうと、チェロキーだろうと、
どこにあってもスルーで全く知りません。
なので「ごめんなさい、知りません。じゃ!」とお別れしました。
油断すると口をついて歌いそうになる超ソプラノをこらえながら歩いていると
右側の窓ガラスの向こうに車が。しかも外車っぽいのが並んでる。
お!もしや! ここがランボルギーニショップじゃないのか!!
お店の看板(看板?)を見ると「Lamborghini」って書いてある。
うーん、、、どうしようかなぁ。
あの人たち、全く逆方向に歩いて行ったなぁ。

戻って教えてあげようか、、、うーん。。。
戻ろう。
しかしながら、振り向いてわずか10メートルほど先に彼らが地図を手に
「あーだ」「こーだ」しながら歩いてくる姿が。
わずか10メートルなのに、とりあえず手を振りふり小走りに駆け寄り、
わずか10メートルなのに、「あったよー、ランボルギーニ!」と豪勢にお伝えし、
彼らから
「すごーい、親切ぅぅぅ!」と感激されました。
「本当にありがとう」
(ありがとうって、、、特に私が戻らなくてもわずか10メートルで
自力で発見できましたけど・・・)
「私たちはハワイで会社をやってますが今度仕事上のことで日本に住むことになりました。」
と言って名刺をくれました。
(なので私は「男性は対象外ですが」と前置きした上でサロンのショップカードを差し上げました)
ホーッ!ハワイですかー。
私はハワイにはすこぶる縁があり、私のサロンのロゴにある「守羽生」という文字は
ハワイのマウイ島に所以してるんです。
でも「マウイ」って書くと、ハワイのロミロミマッサージと誤解されるので、
友達が字数とか考えて強引に漢字にしてくれたのです。
そんなわけで、とにかくハワイに縁のある私に、またハワイ。
ハワイ大好きの私はうれちぃぃぃ。
そんなわけで、その後彼らからご丁寧にお礼の電話やらメールやら、
お食事のお誘いやらで、そのあとそのままお友達になりました。
とってもいい人たちでよかった〜。
あの時、戻ろうかどうしようかと一瞬逡巡した後戻ったという
ほんのちょっとのことが、誰かとの出会いが「有る」か「無い」かという
凄い違いにつながることが人生にはたくさんありますね。
人生の流れって、岐路には必ず「人との縁」があると思いますから。
(少なくとも私の人生は100%そう)
「縁」は、自分ではどうしようもないことで人知を超えた采配のようにも感じますが
その出会いを「得る」か「得ない」かは自分がそれを掴むかどうかのような気がします。
広尾の大通り、私の前にも後ろにもどっさり人々が歩いていたのに、
その中でなぜか私が道を聞かれたという偶然は自分ではどうしようもない人知を超えた
采配部分で、「戻った」という自分の行動が自分で掴む部分だと思います。
「袖触れ合うも他生の縁」と言いますが、「袖触れ合う縁」を得て
そこから自分に必要な縁を深く育てていくことが、私たちの幸せに大きく影響していると
私は思います。
(全部の縁が育つわけではないし、全部育てる必要もないと思いますが
育つ縁は育つことになると思います。)
だから、私がこれまでに出会ってきた人たち、共に過ごしてきた人たち、
触れ合ってきた人たちの「縁」のなんと深いことか。ですよね。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

事実は小説より・・・ですよね。

こんにちは。 みっちーです。

昨晩の雨は凄かったですね〜。
でも今は、ピカピカの晴天。 嬉しいぃぃ。

さてさて、今年は、エディット・ピアフが満載。
舞台もいろいろな方がなさるみたいですね。

私もつい先月ピアフの舞台を観劇したので興味がありますが、
昨晩も美輪明宏さんが語る・歌うのピアフ番組が放送されていました。

本当に壮絶な人生で想像もつかないから、舞台を観てその一端を体感するわけですが。
壮絶のひとつはピアフが心底愛したマルセル・セルダンとのストーリー。

早く彼に会いたいがゆえにピアフは「飛行機で会いに来て」と言い、
彼は船で行くのをやめて飛行機に乗ったわけですが、その飛行機が墜落して、
マルセルは死んでしまったわけです。

ピアフに会いに行くときに死んでしまったと。

このバックグラウンドを見つめながら聴く「愛の讃歌」は心にずっしり来ますね。

でももっともズシリと来るのは、ピアフの最後のパートナー、テオ・サラポ。

世間からは「ピアフの財産目当ての結婚だ」となじられても、
(本当は財産どころか多額の借金しかなかった)
彼は誰も知らないピアフの苦悩を支え続けますが、ピアフはわずか1年の結婚生活で
逝ってしまいました。

テオはピアフの死後6年かかってピアフの借金を返し終えますが、
借金を返済し終えたそのすぐ後に交通事故で死んでしまいました。

はぁ〜、これはどういうことなんだろう・・・。

テオはいったいどんなに深い「縁」を持ってピアフのもとへ行き、
彼の役目を果たしきって、人生を閉じたんだろう。

と考えずにはいられなくなりませんか?

人はいつも誰かと、誰か達と生きているんですよね。

そんなことを考えていたら、長野冬季オリンピックのジャンプ「日本飛行隊」 のことを
テレビでやっていました。
(なんか、私テレビばっかり見てる???)

リレハンメルでジャンプを失敗した原田選手の苦悩を知る周りの人たちが
長野オリンピックで果たしたそれぞれの役目や思いがね。

原田選手自身の苦悩を乗り越えた力や経験は素晴らしい。

それと共に、一緒に飛んだチームメンバー、競技を中止させないために飛び続けた
テストジャンパー達。

こういうの見ると、
人間って本当に本当に本当に一人では生きていないし、生きられないんだなぁ、
と思います。

身近に居て愛情や支えやをくれる人、会ったことないけどその存在が力をくれる人、
感謝せずにはいられなくなるのはこういうふとした時ですね。

世界の中心で「ありがとーぉぉぉ!」と叫びたい(笑)

私と出会ってくれて本当にありがとう!!!とかね。
(クサイか??)

posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

干からびた女にならない!

こんにちは。 みっちーです。

今年の冬は「乾燥」が猛威を振るっていますね〜。

お部屋の中に大判のバスタオル4枚も干しておけば今晩は無事だろうと
安心して過ごしていると、、、

なんのなんの、寝る前にはもうカランカランに乾いているではないですか!!

なに?この乾燥・・・。
い、いったい、体からはどれだけの水分が失われているのか・・・。

幸い私はピッタ/カパ体質なので体内の油分量が多めのため
今のところクリームも何も塗らなくてもまだ無事ですが、
ヴァータ体質の方は「かゆい」とか「白い粉が出る」とか様々な乾燥症状が
出ていらっしゃるのではないでしょうか。

そこで思いっきりオススメなのがセサミオイルでのマッサージです。
(※マッサージ用のゴマサラダ油を使ってくださいね。)

セサミオイルは、抗酸化作用が極めて強く、そして肌への浸透もよい。
肌だけでなく他にも肝庇護作用や抗打つ作用などもあるそうです。

セサミオイルによるマッサージは消化力を高めたり、
皮膚や子宮を浄化することで老化の防止をすると言われています。

また発毛も促すそうで・・・

乾燥している方はお風呂上りに全身にセサミオイルを塗ることをオススメします。
特にマッサージまでしなくても塗布するくらいでもOKです。

アーユルヴェーダのマッサージでは重点箇所として頭と耳と足裏の3箇所が
上げられていますので、時間がなければこの3箇所だけマッサージしても
とてもいいです。

特にヴァータの鎮静に役立ちますので、良質の睡眠に繋がります。

マッサージの方向はリンパの流れに沿って行う方法もあれば、
末端に向かって流す方法もありますので、セルフケアの場合は
あまり気にせず行ってください。

うちのママンは65歳ですが、私の教えに従ってもう1年以上入浴後寝る前に
足裏からふくらはぎのオイルマッサージを行っています。
ミュージックなんて聴きながら優雅にやってる模様です。

で、思いっきりスベスベです。

足の裏には角質もひび割れなどの線も何もなく、
ピンク色のとってもビューティフルな足裏です。

ま、、、残念なことにその足裏を披露する機会に恵まれない模様ですが。

中医学でも足裏にはいろいろな症状が出るといいますし、
また逆に足裏の反射区(経穴なども)から症状の改善をはかることもありますので、
とても大切です

そしてうちのママンのふくらはぎも以前は秋になるとすぐさまマスクメロンのような
模様が出現していましたが、今は潤い十分な「おみ足」です。

そしてそして、何よりもいいのは「冷え」がなくなったそうです。
(ちなみにうちのママンはヴァータ/ピッタ体質です)

ただし、セサミオイルでマッサージするときにひとつ注意が。
セサミオイルはピッタを増やします。

ピッタ体質の方や、ピッタが増えすぎてバランスを崩しているときは
セサミオイルは控えめにして、オリーブオイルやグレープシード、
ココナッツオイルなどを使うようにしてみてください。

私は初めてセサミオイルで全身マッサージを受けたとき、その後背中に
赤いブツブツがたくさん出来ました。
1〜2週間ほどでひきましたが、そういうこともありますので最初は様子を
見ながらやってみてください。

一度お肌が乾燥すると、なかなかどうして。。。

潤い復活には時間がかかるし、一度受けたダメージを消すのも難しいです。
だから最初から予防です!

アーユルヴェーダはWHOも推奨する予防医学ですからね。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

夢が教えてくれる

こんにちは。みっちーです。

今日は夢の話です。

今朝、3時か4時頃でしょうか。
すっごくリアルで、不思議な夢を見ました。

夢の中の私は、2歳になったばかりくらいのカワイイ女の子の母親でした。
そして私の命はあと数ヶ月でした。

命があとちょっとだとわかった時、娘をひざに抱きしめて声を出して泣いていました。

でも、夢の中で泣いていたのはこの時だけ。

友達と遊んでいた娘が、不満があったのか小さなケンカでもしたのか
走ってきて、私の膝に座り、胸に顔を埋めて抱きついていました。

娘の背中を撫でながら抱いていたとき、

「あぁ、この子にはもう、こうして安心して抱きつける母親はいなくなるんだ」と思うと、
悲しみよりも何よりも、今この子にしてあげられることを出来る限りしなきゃ。
私が居なくなってもこの子が愛されていたことを覚えていられるよう、
少しでも長く、少しでも強く抱きしめて
あげなきゃ。 

もう時間がない、この子を抱きしめていられる時間が無い・・
という思いでいっぱいになり、
病気で体は辛かったのですが、娘を抱っこ紐で抱っこし、
どこかで私が倒れてもどこの誰だかわかるように名前と住所を書いたシールを胸に張り
(なんか凄いでしょ? この気合)

あと何回行くことが出来るかわらかない散歩に行ってました。

次に心配だったのは母親のことでした。
うちのママンは私のことが超好きで、私が居なくなったら
仮死状態に陥りそうなほどです。(笑)


だから私が死んだ後、癒しや寄り添ってくれる誰かを探しておかなきゃ!!
必死に思いました。

ある身近な人に、
「もし私が死んでいなくなったら、母をしばらくそばにおいて力になってもらえますか?」と
お願いしたらその人は
「えぇー、だってそれ私には関係ないじゃない。うちだってそういうためにあるんじゃないから」
と断られました。

「もうすぐ死ぬ人間って凄いな〜」と我ながら感心したのは、
そういうことを言われてもなんとも思わなかったんですよ。
そんなことじゃ私の心は全然動揺しなかった。

ただ「この人じゃなかった」と思っただけ。

そんな風に言われたことに落ち込むわけでも、がっかりするわけでもなく。
そんな風に言った人に腹を立てることも、感情を害することもなく。

まぁ、もう時間がないから、この期におよんで試行錯誤とか感情に流されてる暇とか
無いですからね。

ただ 「こういうお願いごとは、真からその人の内側(人間性)を見て頼まなきゃ」と
反省して、次を探しただけでした。

娘のことにしても、母のことにしても、残して逝く私はやらなきゃいけないことがいっぱいで
泣いてる暇なんてなく、どんどん強くなっていました。

だから泣いていたのは、最初のところの寿命がないとわかった時だけ。

という超リアルな夢でした。
前世で私はこういう経験でもしたんだろうか???と思うほどリアルなストーリー展開。

しかも夢の中の私の感情や行動は、私自身には全く経験がないのに、
もの凄くしっかりと生きている感じでした。

いつまでもあると思うな、親と金。 と命。ってことでしょうか。
「今」を大切に生きろってことを夢が教えてくれたのでしょうか。

私は正夢や予知を含め、いろいろと夢に教えられることが本当に多い・・・。

もっとちゃんと「今」を生きなきゃなぁ、と思いました。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

2011年01月25日のつぶやき

ayurvedalabo / アーユルヴェーダ・デザイン研究所
今日は天気がよくて日差しが心地良かったけれど、夕方になるとやっぱり冷えますね
こんな寒い日にはショウガ浴がおすすめ☆体の芯まであたたまって、しかも温かさが持続しますよ!http://www.jnhc.co.jp/school/oneday.html
 at 01/25 17:16
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

実物のもつオーラ

見てきました。舞台「アンナ・カレーニナ」


アンナ.bmp


今回は2列目。
シアタークリエは舞台と客席が近いので、舞台上の俳優が1メートルちょっと
くらいのところで歌ってくれる、お芝居してくれる。 

完全至福

この臨場感は客席ではなく、まるでその場に同席しているような
もの凄いリアルな感覚になるので大好きです。

セリフも歌も全部地声で聞こえたし、彼女の細かい表情から、手の震えにいたるまで
芝居がイチイチよぉーく見えて大満足。

二幕はもう怒涛の涙。
涙が首までどんどん流れていくもんで、私はせっせと首の涙をぬぐっていました

アンナ自体にはすべて共感できるわけではないのですが、
我が子と会うことの出来ない人生になってしまった彼女の魂の苦しみを
歌い上げる瀬奈じゅんの表情と歌は素晴らしかった!

彼女最後の場面は、その場を目撃しているような感覚で胸が哀しみで
いっぱいになり、全身鳥肌になりました。
今でもその場面を思い出すとギューっとなります。

ひとつ。

カレーニンの留守中、ヴロンスキーがアンナを訪ねていたところ、
カレーニンが急に帰宅し、3人がはちあわせてしまった場面。

ヴロンスキーが一人、後ろ髪を引かれながらもカレーニンとアンナを残して
走り去るという超シリアスシーンで、
なんと!あの二枚目ヴロンスキーちゃんが階段で「けつまづいて」しまったのです。
その後、若干ヨロけながらもすかさず体制を立て直し消えていきました。

その時、瀬奈アンナはヴロンスキーの走り去る後ろ姿を切なげに見つめるという
シチュエーションだったので、その「けつまづきとヨロめき」の一部始終を
最前列で目撃なさっていました。

「あ、、、瀬奈アンナ大丈夫かしら?笑えてないかしら?」
客席に振り返った瀬奈アンナは苦悶の表情を浮かべていたので、よかった。
さすがプロ。

元宝塚男役、トップスターだった人の舞台を今回2回続けて見たのですが、
なんだか感慨深い。

20年近く「男役」として心根や演技を身に付け、トップに上り詰めるまで努め
そして注目の中心で華やかに生きてきたひとが、退団後は「トップ」という
宝塚の華やかさはなく、しかも「女優」としてリスタートするというのは
どういう人生なんだろう、と、私には想像もつかない彼女たちの人生の歩みを思うと、
人生は本当にそれぞれの経験と成長の場なんだなぁ、と思います。

ひとりひとり歩く道も、与えられる経験のネタや変わりゆく環境も違うけれど、
「私に」降り注ぐ出来事に喜んだり、戸惑ったり、怯えたりしながら、
それぞれの人生において心に栄養を貯めていくわけですね。

自分の心に栄養を与えて育てられるのは、自分だけですからね。

今回の「アンナ・カレーニナ」観賞はまたひとつ私の心に新しい種を
撒いてくれました。

その場の、本物が放つオーラは凄い。
テレビやDVDでは決してあの舞台のオーラを感じ、吸収することはできません。

芸術も、自然も、どこかの場所も、やっぱりその場に居て、
本物を自分自身の五感で感じることが、感性のために大切だなと思います。

これからも好奇心いっぱいでいろいろなものを見て、聴いて、
感性を磨いていきたいと思います。

posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

舞台観劇でも役立ったアーユルヴェーダ

こんにちは。みっちーです。

昨日、安蘭けい主演「エディットピアフ」初日公演に行ってきました。


初日の観劇は初体験。
初日って、なんだか華やかな感じで独特の高揚感があるのですね〜。

お花もいっぱい並んでいて、誰から来てるのか見てるだけでも結構楽しめる。

宝塚OGの方から、ほら。

IMG_0201 _2_.jpg

宝塚現役からも、ほら。

IMG_0203 _2_.jpg

席はドセンターだったので、舞台照明のデザインの美しさを正面から楽しめました。

安蘭けいの歌は宝塚でも定評があったそうで、初めて聴く彼女の歌を
楽しみに
していたところ、歌も芝居もほんとによかった。

第一幕のあばずれた感じなんかは、あのハスキーで時々しゃがれることの
出来る声が
バッチリフィット!

彼女の歌は力みがないところが好き。
ちょっと力の抜けたような独特の歌い方だけど、力を抜いていてもとても伸びる。
声質も声量も無駄に押し付けられる感じがないのが好きです。

楽しみにしていた王道「愛の讃歌」は、やっぱり涙出ました。
欲を言うなら、最後にもう一回「愛の讃歌」を聴きたかったな〜。

余談ですが、昨日観劇中悪夢がありました。

第二幕が始まってすぐ、なぜか私の前の席の男性の座高が伸びている。
油断すると安蘭けいの下半身は全部前の人の頭で見えないという状態。

しかもっっ!!最悪なことに、その男性は頭がふらふらしていて、右に倒したと思ったら
すぐ左へ。そして右に、正面に、左に、・・・という惨状。

さらに最悪なことには、その男性の頭の上部が膨らむようなセットになっていたこと。

観劇にとってこれ以上の悪夢はない。
せっかく劇中に没頭していた意識を呼び戻されるのは本当に辛い!

その男性の頭のふらふらで全く集中できなくなり、温厚な(?)私でも後ろから
「じっとしてろ!!」と殴りたくなった。
(あ、すみません)

でも、幸いなことにアーユルヴェーダで自分の感情のコントロール法や
乱れた意識のリセット法を知っている私は、
そんな「無駄」に感情を明け渡すのを
至急中止し、
「今」一番意識を集中すべきものに戻っていくことにさっさと成功。

だって、舞台は「今」しか私の目の前にないのに、
こんなことで「今」の充実を無駄にするなんて、そんな損したくない!!からね。

こんなときでも役立つ「アーユルヴェーダ」!! 心底オススメです。

しかし、こうして「私の嫌いな男性リスト」に以下の二項目が静かに追加されたのです。

・座高が以上に高い男性
・頭が落ち着きのない動きをする男性


舞台を見るのって、なんかすごく「感性」の栄養になる。
そう言えば、ピッタって「視覚」だから、
美しいものを見ることが大好きな体質なんですよね。

そして美しいものを見ることは、ピッタの過剰を鎮めます。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

太った・・・

こんにちは。みっちーです。

2011年もあっという間に明けて、もう1月も半ばを過ぎました。

「時は金なり」 時がどんどんザクザク過ぎていくぅぅぅ。
この18日間何をしていたかというと・・・

去年12月からの恐怖の過食&過飲による体重増加への対応に努めて参りました。

年始に実家の熊本に帰り、年末に続きここでもまた母のおいしい料理を
胃袋からはみ出るほどに食べ、そして寝て、を繰り返していたところ
1月7日・・・温泉で久しぶりに体重計に乗ってみると、恐怖の4キロ増。

4キロって・・・いったいいつの間に!!!
そもそも人間はそんなに簡単に太れるのか!!!

(どんだけ食べてて4キロ増えたのかはこちらを・・・)

体重計から転げ落ちるように飛び降り、
のんびり服を脱いでいる母を追い立てるように体重計に乗せました。

母の体重は増減なし。

ってことは・・・体重計は正しい。
ってことは・・・私が太った。

ダメだ。もう呼吸法でおいつく限界を超えている。

ということで、東京に戻ってきた私は自宅での食生活をあらため、
出かけるときは、とにかく行けるところまで歩き続ける、
という生活に努めています。

だけど・・・やっぱり今年もまた食べています。

1月13日は、タケトラベル(仲良し温泉&グルメツアー仲間)メンバーと
青山シャンウェイへ 

ここは本当に何を食べてもおいしい!!
フレンチのようにスープやソースが素晴らしい中華。

このハマグリ、スープがサイコー!!

320x320_rect_2607857.jpg

この麻婆豆腐、山椒が効いてて絶品!

320x320_rect_2607858.jpg

この蒸し鶏は、お肉がホロホロで、しかもソースがめちゃウマです。

110113_205622.jpg

そして。

1月15日は、CMや雑誌、映画でフードコーディネートをしている友人が
おススメのフレンチジビエのお店「フレンチレストラン オギノ」を予約してくれたので、
わざわざ池尻大橋までGO!

ジビエといっても初心者向きのソフトなジビエをあるので大丈夫です。
ここは予約を取るのが結構大変らしい。

携帯で写真を撮ってたのですが、食べることに夢中でシェフの説明を
ほぼ忘れてしまいました。
写真だけ載せておきます。

110115_203345.jpg110115_205536.jpg
110115_203402.jpg

このほか、前菜のパテドカンパーニュ、メインの鹿肉も食べました。

体重を元に戻そう!!という強い決心のもと、こんなに食べていますが、
「一念岩をも通す」の勢いでしょうか、なぜかガンガン体重落ちています。

最近は日本ナチュラルヒーリングセンター勤務終了後、マイサロンのある
表参道まで40分近くバリバリ歩いて帰っています。

腹筋と背筋を使った呼吸をしながら、背すじをピンと伸ばし、
みぞおちから脚を前に出し、後ろに残った脚の裏を意識して歩く。

これだけです。
あと2キロ。

私はピッタカパなので体重管理は気をつけないと。
ピッタの食欲とカパの貯蓄力で、ピッタカパ体質って一番太りやすいんですよね。。。。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

好きこそものの上手なれ?

私はこれまで宝塚歌劇団が苦手でした。
いとこが「宝塚友の会」に入っているのを知った時マジで引いた。
・・・というくらい。

なぜ嫌いだったかと言うと、あまりの虚像の世界にキモかったというか。
私から見るとオタクに近い感じというか。
(あぁ、宝塚ファンの方に怒られそう)

で、そんな私が今年の夏、ある方からのお誘いでいそいそと
宝塚観劇に出かけていったわけです。

なぜ「いそいそ」したかというと、誘ってくださった方が大切な方だったからです(笑)

なのにもう、間近で宝塚のショーを見た時、どショックでした。

なに?これ? キモイってなに?
ものすごくいいじゃない。
一流のエンターテイメントじゃない!!

細かいところまで素晴らしく丁寧に演出され、演じられ、作られてて、
本当に一流のショーでした。

食わず嫌いって、本当に損だということを痛感した一件です・・・。

何事につけ、振れ幅の大きいというか、バリバリ追求することが大好きな私は、
スカパーe2の16日間無料試聴を2台のテレビで最大限に活用し
「宝塚専門チャンネル スカイステージ」を漏れなく拝見いたしました。
テレビをつけるとデフォルトでタカラジェンヌが歌い踊ってるみたいな日常です。

ほんと私って、これと思ったらトコトンなので・・・。

お陰さまで、たった2か月ほどでかなりの勢いで宝塚に詳しい人材になりました。

興味を持つって、いきなり知識が増えるものですね〜(笑)

でも、ま、この知識、ほぼ使い道はないのですが・・・

しかし、ま、人生に無駄は無いって言いますからね。
いいでしょう。

これからもチャンスを無駄にすることなく、なんでも見て、聞いて、知って、
好奇心をフルに活用し、
死ぬまで楽しく生きたいと思います。

みなさんは、今年熱くなったものありましたか?

興味を持つということは、人を若くするような気がします。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

寒い日にはスパイスティーでポカポカ

こんにちは。みっちーです。

暖かくなったり、寒くなったり。
こんな調子じゃ体調崩すのは時間の問題だ!みたいな季節ですね。

季節の変わり目はヴァータ、ピッタ、カパ全部のドーシャのバランスが
崩れやすくなります。

しかも、これから寒くなります。
私個人的な心配はトリートメントが終わって、夜帰られるお客様が
寒さに凍えるないか心配・・・な今日この頃です。

そんな「お寒い日」にはスパイスティーでチャチャっと温まるのが
おススメです。

スパイスはピッタ体質の方にはちょっと難しいこともありますが
取りすぎなければヨシ!
ということで、最近私がお気に入りのスパイスティーのブレンド法を
ご紹介します。

☆用意するスパイス
マコーミックでも、S&Bでも、GABANでも、スーパーで買える
瓶入りスパイスでOK。

黒コショウ (他のスパイスに比べて少な目に)
カルダモン
シナモン (私はこれを一番多目にします。好きだから)
ショウガ
ハチミツ

101215_154106.jpg101215_154138.jpg101215_154159.jpg101215_154227.jpg
☆作り方
これをそれぞれ2、3振りマグカップに入れてお湯を注ぎます。
そしてハチミツを加えて、混ぜるだけ。

終わり。

アーユルヴェーダではハチミツを加熱すると体の中の管を
詰まらせると言われていますので、ハチミツを入れた後には
熱を加えないようにしてください。

料理の調味料として使うのはちょっと苦手・・・という方で
スパイスティーなら簡単に摂取でき、スパイスの効能ばっちり。

体がポッポして代謝が上がるし、肌もキレイになるような気がします。
ハチミツの甘味で(私タップリ入れるから)満腹感がありますので
小腹が空いて、つい食べてしまいそうな時などにオススメです。

ほんっとスパイスティーは全くの手間いらず。
暇さえあれば静止画像のように動かなくなる怠惰な私でも出来る
数少ない健康食品(?)です。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

女性と月

昨日、<Women’s Ayurveda>セミナー 「アーユルヴェーダ的 女性と月」が
開催されました。
定員人数を超える方にご受講いただき、お蔭さまで大好評でした。

受講生の方の感想を一部ご紹介させていただきます。

*****************
大変興味深く面白かった。
手放すこと、変化することを恐れない。
月を味方につけて人生を歩んでいきたいと思います。
女性性と月について感じていたことが繋がったように思います。
ありがとうございました。
*****************

*****************
久しぶりに講座に参加できました〜♪
西川先生のこの小さな頭になんでこんなに智慧と知識がつまっている
のだろう!!と感銘しながら聞いていました。
*****************

*****************
とても良かったです。
元気になり、理解が出来ました。
また来ます!
*****************

*****************
楽しかったです。
毎月受けたいです。
*****************

*****************
すご〜く勉強になりました!
*****************

*****************
月・・・女性のあり方を知ったような気がします。
いつもバタバタしていたので、月を味方に自分自身の心と体を
整えていきたいと思いました。
ありがとうございました。
*****************

*****************
いつも中身の濃い内容でとても嬉しいです。
まだまだ知りたいことが出てきます。
受けられなかったので生理のことも。
*****************

*****************
楽しく受けさせていただきました。
グーパーと、ハァーと、ホルモン調整やってみます。
*****************

*****************
具体的でとてもわかりやすかったです。
*****************

*****************
いつもながら楽しく学べました。
月とどう付き合って生活していけばよいか具体的にわかりました。
「アーユルヴェーダ的 カラーセラピー」のときに、全部必要と出て
勧められたことを即実践してみました。
冷えにくくなってきた気がします。
*****************

*****************
「月と女性」というテーマで本当に多くのことを知れて、
いつもの生活で使えることが多かったので、とても楽しく
とても勉強になりました。
*****************

*****************
月と女性の関係についてすごく奥深くて、昔の人は自然に生活に
取り入れていたことに感動しました。
そして新月、満月の過ごし方も浄化法やドリンクもすごく勉強になりました。
女性性を高めて、指体操、グーパー、息を吐くことを明日から始めます。
*****************

受講してくださった皆さんありがとうございました。

次回は来年、1月11日 18:30〜
 「アーユルヴェーダの数秘術 2011年の運勢」 です。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

彼女は本当に美しい

こんにちは、みっちーです。

昨日、西本智実さん指揮、ラトビア国立交響楽団の演奏会に
行ってきました。

concert-HzjMTCx4c8484df9a534_1.jpg

今回は同行者のたっての希望により「P席」(オーケストラの真後ろの席)
しかも、、、最前列のど真ん中。指揮者西本さんから超直線(笑)

いつもは普通にオーケストラ正面の席を取るのですが、
今回P席にデビューしてみていろいろと面白かったです。

まず、指揮を前から見るので自分もオーケストラの一員に
なった気分。
オケの楽譜も見える。
いつもは殆ど見えない打楽器や管楽器の方たちを間近で見れて
「演奏中、こんな動きしてるのか〜」なんてのもあって、親しみを
感じてしまいました。

でも、なんてったって私の興味をそそったのは、西本さんの手の動き。
特にしなやかで繊細な動きを見せるとき、ちょっと感動ものでした。
(私、手に目が行くから・・・)

さて、演奏終了後楽屋へお邪魔すると、
相変わらずまったくもって、
なんの気取りもない西本さん。
彼女と話をする時、緊張しないですむのは彼女の気さくさだと思います。

Tシャツに着替え、さっぱり
素顔でもこんなに美しいなんて、
西本さんの隣で写る写真は、、、、私、厳しい。

私もフツーにファンですから写真も撮れば、サインももらいます。(笑)

IMG_1602.JPG


IMG_1607.JPG

今回の彼女のツアースケジュールは連日の演奏と移動で本当に大変そう。
でも、間に休みがある方がかえってキツイそうです。

一曲、一曲にあれだけの全霊こめるわけだから疲弊しそうですが、
そこはやっぱり完全なる精神力を持ったプロですね。

指揮の最中、魂のこもった息遣いが聞こえてきたという話をしたら
恥ずかしそうでしたが。

世の中にはいるんですねぇ。
才能に恵まれ、自分を信じて努力する力を持ち、
さらに美貌を与えられた
という人間が。
(彼女は「美貌」という点にはあまり重きをおいていないようですが、
指揮をするに「美しい」ということもまたひとつの才能のような)

彼女を見ているとツクヅクそう思います。

「世界にひとつだけの花」のとおり「他者と比べる」ことは意味のないことと
知りながら、
それでもやっぱり嫌でも感じます、違いを。

彼女と私は天地ほどいろいろと違いますが(・・・涙)、
それでも彼女は
私に凄いモチベーションを与えてくれる存在です。

才能にしろ、努力する力にしろ、美貌にしろ、
「同じ人間だ、私もがんばろう!」と。

頑張る「源」を得るって、人間本当に頑張れるものです。
その「源」となるものは、人それぞれ違うし、同じ人間でも時によって
変わります。

なんでもいいんです。自分を嬉しいほどに鼓舞して成長させてくれるものなら。
私の場合、今はそれが彼女なんです。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

呼吸で痩せる!

こんにちは、みっちーです。

昨日、「魔女たちの22時」をたまたま見ていたら

へちまは未経験なのでわかりませんが、呼吸法で痩せるのは、
私自身経験済みです。

私は、2,3ヶ月に一度、食べても食べてもお腹がいっぱいにならない、
すぐお腹が空くという満腹中枢崩壊期が来ます。

しかも、甘いものが本当に大好き!

「崩壊してるなぁ」と気づきますが、そういうときはストレスを溜めないように
あえて食べることを我慢せずに、躊躇無く食べます。
大事なのは「今、私バランス崩してる」と気づいておくことだと思います。

さて、そんな私ですが殆ど太ることはありません。
身長170センチ、体重54キロ。大学時代から変わらないので
ウン十年前のスカートやワンピースも着れます。
(カパだから物持ちいいでしょ〜)

私が太らないでいられる理由はたぶん、呼吸だと思います。
私の場合、歩いている時や電車に乗っているなど、
他になんらすることのない
「空き」の時間には呼吸を意識するようにしています。
(みぞおちから下腹にかけて)

また、サロンにトリートメントにお見えになった方にお教えするストレッチがあります。
それは肩甲骨周りのストレッチで、肩こり、首こり、背中のハリを緩めるのが
メインですが、
私の場合はそれに呼吸法をつけます。

肩甲骨の内側のライン(背骨の方)は、今本当に硬く詰まっている方が多いです。
ここは老廃物(毒素)のたまりやすいところですから、動かして柔軟にしておくことが
大切です。

プラス、呼吸法をつけるとダイエットにもなるという一石二鳥な超簡単
どこでも出来る技です。

こんな感じです。即席の写メでごめんなさい。ふらふら

息を吐きながら、両腕を前に押し出し、肩甲骨をグーッと外側に開くようにします。
このとき、おへそのした辺りの筋肉をギューっと絞り込むように引っ込めて
息を吐ききります。

2010120113270001.jpg2010120113260000.JPG

次に、肘を曲げて背中の方に引きます。
胸を大きく開きながら(バストアップにも効果あり)、息を大きく吸います。
この動きのときは、お腹を膨らませると同時に胸にも息を大きく入れます。
(これで肋間の詰まりもとれ、さらに呼吸が深くなります)


2010120113280000.jpg
(・・・、この写真、顔が写るのを避けたら
頭がヘルメットみたいに大きく写ってしまって、ブザマ・・・)

これを何度か繰り返すだけです。
立ってても出来るし、椅子に座ってても出来ます。

魔女たちの22時の方の呼吸法とは若干違いますが、
重要なのは
複式で横隔膜を大きく動かし、腹筋を使うということでしょう。

これからの季節は代謝があがるので、ボディメイキングにはいいですよ〜。
posted by 日本ナチュラルヒーリングセンター at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。